奨学金等滞納者に対する給与債権の差押えについて

 

 

大阪府育英会では、平成21年度から「滞納ゼロ作戦(※)」を実施し、督促を強化するとともに、返還資力がありながら、再三の督促にもかかわらず返還に応じない滞納者に対して強制執行等の法的措置を実施しています。

この度、滞納者24名に対して、民事執行法に基づく強制執行を管轄の裁判所に申し立てしましたので、お知らせします。平成9年に強制執行を実施して以降、過去最多の申し立て者数となっております。今後とも、資力がありながら返還に応じない滞納者に対しては、厳正に対応してまいります。

 

なお、育英会では、『返還相談コーナー』を開設し、返還意欲があっても経済的理由等により返還が困難な方や、新型コロナウイルス感染症の影響等により家計が急変された方からの返還猶予や分納等の相談に柔軟に応じるなど、きめ細かく対応しています。

 

 

 

【給与債権の差押え】

.強制執行申立日   令和3年11月25日(木曜日)

 

.強制執行申立対象者 24名

 

.強制執行申立額   15,299,288円(24名合計額)

 

 

 

(※1)滞納ゼロ作戦

平成21年度から、債権回収のノウハウを持つ金融機関経験者を採用し、滞納処理促進を強化する「滞納ゼロ作戦」を実施しています。今後とも、この取組みを通じて返還意識の向上を図り、経済的に困難な生徒の修学を支援してまいります。

 

 

【お問い合わせ】

大阪府育英会 滞納ゼロ作戦室  電話06-6357-4579

(平日9時~1730分)

返還相談コーナー 電話06-6357-628606-6357-6334

(平日9時~1900分、土・祝日9時~17時)